東京で太陽光発電をするなら工夫が大切です

太陽光発電を有効に活用するためには太陽光が一日中当たる場所が不可欠です。そしてそれが得られるのは田舎など開発の進んでいない郊外が中心で、東京のど真ん中では難しいと考えられています。しかしそれが本当かどうか、また仮に本当だとしても工夫次第で高いビルの立ち並ぶ都会でも十分に太陽光発電が成り立つのではないかと考えてみることが必要です。たとえば高層ビルなら一面すべてにかなり強い光が当たるはずですが、ビルの壁面に太陽光パネルを設置すればかなり広い面積で発電が可能になるはずです。また場所によってはビルからの反射光が集まる場所もあるし、そうしたところなら高い効率で発電が可能になるでしょう。そもそも郊外だろうと都市部だろうと、降り注ぐ太陽光に違いがあるわけではありません。したがってそれをどのように活用するかは工夫次第でいくらでも改善することが出来るはずです。

太陽光発電技術の革新は東京が必要としている

太陽光発電というのは現代でも発展途上の技術なので、将来的にはかなりの技術革新がありうるのではないでしょうか。たとえば現代では頑丈なパネルを用いたシステムが一般的ですが、そもそも固いパネルである必要があるのでしょうか。それよりは紙か布のように柔らかい素材を用いた太陽光発電が可能になる可能性も高いでしょう。もしそれが可能ならまるで凧揚げのように発電パネルを空に浮かせて、強い光を当てることも出来るわけです。こうした新しい技術は東京のように従来のシステムでは不向きな土地でこそ力を発揮するし、電力の使用量から言ってもそれが強く求められるわけです。将来的には電気の地産地消が可能になれば世の中のエネルギー事情も大きく変わるし、まるで家庭菜園のように自分で使う電気は自分で作り出すという時代が来るかもしれません。そうした未来像は将来を明るく感じさせてくれます。

東京に太陽光発電を普及させるために

現代の東京では一般的な家屋でも屋根に太陽光発電パネルを取り付けているところが少なくありません。その理由として省エネなどへの意識の高さもさることながら、東日本大震災時の記憶が強く影響していると思われます。東京にとっては幸いなことに停電は起こりませんでしたが、それ以外の関東全域では輪番停電を経験したし、それを見ていれば東京の人間もいずれは停電を覚悟しなければならないと考えたとしても不思議ではありません。したがって余裕のあるうちに太陽光発電に乗り出そうと考えるのは自然なことだし、それがシステムの大幅な普及につながっていると考えられます。そう考えると新しい技術の普及には何か社会を揺るがすような大きなことが必要ということでしょうか。もちろん不可欠ではないにしても、そうした事態を体験することで人々の意識が大きく変わるのは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

給湯器を知る